お知らせNews

2021.06.10(木)産婦人科

COVID-19 ワクチン接種を考慮する妊婦さんならびに妊娠を希望する⽅へ

日本産科婦人科学会、日本産婦人科感染症学会から「COVID-19 ワクチン接種を考慮する妊婦さんならびに妊娠を希望する方へ」新型コロナウイルスワクチン接種についての提言です。

1 COVID-19 ワクチンは、現時点で妊婦に対する安全性、特に中・⻑期的な副反応、胎児および出⽣児への安全性は確⽴していない。
2 流⾏拡⼤の現状を踏まえて、妊婦をワクチン接種対象から除外することはしない。接種する場合には、⻑期的な副反応は不明で、胎児および出⽣児への安全性は確⽴していないことを接種前に⼗分に説明する。同意を得た上で接種し、その後 30 分は院内での経過観察が必要である。器官形成期(妊娠 12 週まで)は、ワクチン接種を避ける。⺟児管理のできる産婦⼈科施設等で接種を受け、なるべく接種前と後にエコー検査などで胎児⼼拍を確認する。
3 感染リスクが⾼い医療従事者、重症化リスクがある可能性がある肥満や糖尿病など基礎疾患を合併している⽅は、ワクチン接種を考慮する。
4 妊婦のパートナーは、家庭での感染を防ぐために、ワクチン接種を考慮する。
5 妊娠を希望される⼥性は、可能であれば妊娠する前に接種を受けるようにする。(⽣ワクチンではないので、接種後⻑期の避妊は必要ない。) 患者さん⼀⼈⼀⼈の背景が違いますので、まずは産婦⼈科の主治医と⼗分にご相談ください。

以上より当院の方針として、(当院は現時点でワクチンが接種できる施設ではありませんが)

①妊娠中の方の接種は、自己判断にお任せいたします。②不妊治療中の方の接種は、避妊の必要性の根拠はありませんので、不妊治療は継続していきます。(ご心配の方は2か月の避妊が安心かと思われます。)

 

産婦人科

歯科

電話をかける WEB予約 電話をかける WEB予約